アヤナスの推薦する年齢層は?20代〜60代

化粧品は年齢や自分の肌に合った物を使う事が大事ですよね。
『どんなに良いものでも』
『どんなに高価なものでも』
自分の肌に合わないものだと効果が下がってしまうかもしれません。

 

気になる疑問
ディセンシア アヤナスbbクリームの推薦する年齢層は?】
20代から60代まで年齢による化粧品の選び方】
をご紹介します。

 

ディセンシアはアヤナスを使う年齢層を何歳位に設定しているのか?

ディセンシアはアヤナスbbクリームを30代から40代の敏感肌の方に推薦しています。

 

しかし20代の方や60代の方でも『良かった』という口コミをよく目にするので、幅広い年齢層の敏感肌の方へ対応できてると思います。

 

20代や60代の方の口コミはこのような感じです

BBクリームは普段使いしているのですが、アヤナスBBクリームは少量でかなり伸びがいいし薄づきで綺麗な肌ができます。

肌にやさしいのも嬉しいですし、敏感肌の方でも安心して使えるので魅力的ですよね★
コスパがかなりいいし、私的に今まででもかなりいいBBクリームだと思いました♪
22歳女性

 

加齢で乾燥肌になり、ファンデーションをつけると時間経過とともに水分がなくなりシワが出てくるのがイヤでした。

年齢と保湿で検索すると、どこにでもアヤナスが出てくるので使ってみました。
正解でした。保湿効果は高いです。
伸びもよく、大豆粒大あれば首まで塗って余るほど。
崩れにくく、色も自然です。
61歳女性

 

「個人の感想で効果を保証するものではありません」

 

20代から60代での化粧品の選び方の違い

個人差はありますが年齢ごとの化粧品の選び方をまとめましたので参考にしてみてください。

 

20代

 

お肌トラブル
テカりやすい
Tゾーンにニキビができやすい
顎ニキビができやすい
口の周りが乾燥しやすい

 

化粧品を選ぶコツ
20代は新陳代謝が活発で油分・水分量も沢山蓄えています。
シンプルに保湿できるもの
油分の少ないもの
を選び清潔に気を付けるだけで健やかな肌を保つことができます。

 

30代

 

お肌トラブル
クスミやシミ
肌のハリが低下する
シワやタルミ
毛穴が目立ってくる

 

化粧品を選ぶコツ
30代からはエイジングケアを意識した化粧品を選ぶようにしましょう。
油分・水分量も20代と比べると低下していますので毎日のケアを欠かさずしてください。
生活習慣を見直すだけでも、かなり効果があると思います。

 

40代

 

お肌トラブル
シワやタルミ
シミ・そばかす
毛穴のタルミ
何より、乾燥!

 

化粧品を選ぶコツ
40代からはエイジングケアと乾燥対策に特化した化粧品を選ぶようにしましょう。
特に乾燥は化粧水だけでは補えきれませんので、保湿できたり化粧水の水分が蒸発するのを防ぐクリームなどで対策をします。
ビタミンB誘導体・プラセンタエキスなどが入っている化粧品がおすすめです。
安いからといった理由で化粧品を選んだらダメな年齢です。

 

50代

 

お肌のトラブル
何と言ってもシミ!
シワやタルミ
乾燥
粉拭き

 

化粧品を選ぶコツ
更年期に入ると体の中で作られていたコラーゲンやセラミドといった成分の生成が20代の半分まで減少してしまいます。
分泌される油分量も減少している為、元々乾燥肌ではない方でも乾燥しやすくなります。
高保湿なものを選び、様々な方面から不足している成分を補う事が大事になってきます。
抗酸化作用のある食べ物などを食べることも肌にはとってもいいですよ。

 

60代

 

お肌のトラブル
一度お肌トラブルがあると治りにくい
お肌が硬くなる
乾燥
シワ・タルミ
シミ

 

化粧品を選ぶコツ
水分・油分共にかなり少なくなっています。
肌の角質が厚くなっているので、お肌が硬いと感じる方が多い年齢です。
一見、乾燥肌に見えなくても水分・油分はかなり少ないので保湿ができる化粧品でケアしていきましょう。
お肌にトラブルが起こると、なかなか治らないので、体調に合わせてケアしていくことをお勧めします。
肌のバリア機能が低下しているので、紫外線に気を付けてくださいね。

 

 

 

トップページ⇒アヤナス&サエル【化粧水】実際に使って比較してみた!