ストレスで肌がボロボロ?!ストレスと肌荒れの関係性は?

仕事や家事・育児などで忙しく、疲れやストレスが溜まっている時、ふと鏡を見ると肌荒れで肌がボロボロになっていたっていう経験はないですか?

 

肌荒れを起こすと、化粧ノリも悪くなるし、老けて見られがちになってしまいますよね。

 

では何故、疲労やストレスが原因で肌荒れが起きるのでしょうか。
また、効果的な対処法はあるのでしょうか?

 

疲労やストレス肌荒れになってしまうメカニズムについて紹介したいと思います。

 

 

どうして疲労やストレスで肌荒れが起きるの?

仕事や家事・育児による肉体的な疲れや、人間関係などからくる精神的なストレスは自律神経の乱れに繋がります。
血行不良になることもあり、結果、肌の乾燥や吹き出物などのトラブルが起きてしまうリスクが高くなります。

 

また、疲れやストレスに加え不規則な食生活によって胃腸の働きが悪くなってくると、新陳代謝が悪くなり体に老廃物が溜まりやすくなります。
睡眠時間も重要な問題で、睡眠時間が十分確保できていないと肌の再生が上手くできずに肌トラブルを引き起こす原因にも繋がります。

 

 

効果的な対処法とは?

 

しっかりと睡眠をとる

睡眠は1日の疲れを回復するだけではなく、肌を再生してくれる『成長ホルモン』も分泌しています。
熟睡するには、副交感神経を優位にすることが大事です。
副交感神経を優位に立たすには、寝る前の1時間前には部屋を暗くしてリラックスした状態を作ることが大切です。
お気に入りの音楽を聴いたり、好きなアロマを焚くことも有効ですね。
より、良質な睡眠をとることは、美肌をつくるのに役立つといわれています。

 

ゆっくりと湯船につかる

仕事などで疲れて帰ってくると、面倒だからと言ってついついシャワーで済ませがちですが、疲れやストレスを回復させるには、しっかりと湯船に浸かる事がおすすめです。
湯船で体を温めることで、血行が良くなり疲れを和らげる効果が期待できます。
代謝も上がる為、ニキビや肌荒れ等といった肌トラブルにも効果的です。
しかし、熱い湯船に長時間浸かると体への負担の方が大きくなる為、より疲れが出てしまう事もあります。
少しでも疲れを解消したいのなら、ぬるめの湯船に浸かるようにしましょう。

 

 

肌荒れを放置すると、元の健康な肌に戻すためには長い時間がかかります。1日の疲労はしっかりと回復し、ストレスと上手に付き合って肌トラブルの予防をしていきましょう。

 

 

 

 

トップページ⇒アヤナス&サエル【化粧水】実際に使って比較してみた!