メイクをしたままで寝ると肌に起きる事

仕事で遅くなりそのままベッドにダイブ!
育児で疲れて子供と一緒に寝てしまう!
メイクをしたままで、つい寝てしまう事 1度はありませんか?

 

1日ぐらいメイクオフしないままで寝ても大丈夫と思っていたら大間違いです。
1日メイクを落とさずに寝る事は30日間洗顔をしていない肌に匹敵するほど、肌が汚れているんです。

 

何度も繰り返すうちに肌へのダメージが蓄積され、ニキビや肌荒れ等のリスクが高くなります。

 

2013年にイギリスで化粧を落とさずに1ヶ月過ごすという検証を行った結果、肌年齢が10歳老け込むというデータがあります。

ニキビや吹き出物が出来たり、肌が赤く炎症を起こしたりとそれは大変なことになったとか…。

 

メイクをしたまま寝るとどうなるのか?

では実際、メイクをしたままで寝るにどのようなリスクがあるのかご紹介します。

 

  • ファンデーションに含まれる油分や皮脂が時間と共に酸化し、肌に刺激を与える様になります。
  • ファンデーションをつけたままにしておくと、肌が乾燥していると勘違いして皮脂が過剰に分泌されます。
  • メイク以外の汚れも(埃・排気ガス・花粉等)残っている状態なので肌へのダメージが回復されない。
  • メイクの色素沈着で黒ずみやクスミの原因になる。
  • メイクで毛穴もふさがったままでいるのでニキビができやすく、悪化しやすい。
  • 皮脂は顔ダニの大好物!顔ダニの温床に。
  • ターンオーバーが乱れて硬く黒ずんだ肌に。
  • 肌に大きな負担を与える結果になるので、炎症や肌トラブルのリスクが高くなります。

 

さらに、化粧品のほとんどの商品に防腐剤が入っているので肌に悪影響が大きいのです。

 

家に帰ったらしっかりメイクオフをしましょう

どんなに帰宅が遅くなっても、どんなに疲れていてもクレンジングはした方がいいでしょう。
どうしても面倒な場合は、拭き取るタイプのメイク落としでもいいかもしれません。
拭き取るタイプのメイク落としは擦ることによる摩擦で肌にダメージを与えやすいので、毎日はオススメできません。
どうしてもという時にうまく利用してください。
1日メイクで負担をかけた肌は、その日の内にしっかりとクレンジングするようにしましょう。

 

 

 

 

 

トップページ⇒アヤナス&サエル【化粧水】実際に使って比較してみた!