汗で化粧崩れした時の対処法や予防法を紹介!

陽射しが強く、暑い日には沢山、をかきますよね。
女性はメイクをしているので顔にをかくことは避けたいものです。

 

しかし、そうは言っても暑いとかいてしまうのが汗。
化粧崩れの原因になってしまう顔汗の予防対処法を紹介します。

 

暑い日の止まらない顔汗を抑える方法

まず、顔汗を抑えるもっとも効果的な方法は上半身のアイシングです。
太い血管やリンパ節が通っている首や脇の下、鎖骨付近を中心に保冷材などを使って冷やします。
冷たいペットボトルなどもオススメ。
全身を巡る血液やリンパ液を直接冷やすことができるので、顔汗を抑えるのに効果的です。

 

扇風機やクーラーの風に当たる事でも顔汗を抑える事ができますが、汗の蒸発と一緒に肌の水分も蒸発してしまい乾燥肌の原因になってしまいます。
肌が乾燥してしまうと、皮脂が過剰分泌をしてしまうので顔がベタベタになってしまう事も。
扇風機やクーラーの風で顔汗を抑えるのはとても効果的ですが、風の当て過ぎには注意してください。

 

 

化粧崩れを予防するスキンケアやメイクのコツ

普段しているスキンケアやメイクに少しの工夫をするだけで、汗による化粧崩れを軽減することができます。

 

崩れにくいメイクを作るにはまず、スキンケアから。
肌が乾燥していると皮脂が過剰分泌を起こすのでファンデーションが浮きやすくなってしまいます。
夏でもしっかりと保湿ケアをすることで過剰な皮脂を抑える事ができます。
メイク前のスキンケアを入念に行うことによって、肌表面がなめらかになりファンデーションが密着しやすくなります。
化粧崩れを予防するには、ファンデーションを薄く均一に密着させることがコツ。
薄塗りなら、万が一ファンデーションが落ちてしまっても落ち方が汚くなりませんし、化粧直しも簡単にすみます。

 

アイライナーやマスカラ等は汗や皮脂に強いウォータープルーフ仕様を選ぶことをおすすめします。

 

しかし、長時間のメイクでどうしても皮脂が出て化粧が浮いてきてしまう場合は、ティッシュペーパーで優しく押さえて皮脂や汗をとってください。
油取り紙は、皮脂をとてもよく取ってくれますが取り過ぎて逆に皮脂が過剰分泌を起こしてしまうのでおすすめできません。
1番の方法は化粧水を染みこましたティッシュやコットンなどがおすすめです。

 

汗をかきやすい時期は、あらかじめ化粧直しを意識したメイクをすることが大切です。

 

 

 

 

トップページ⇒アヤナス&サエル【化粧水】実際に使って比較してみた!